二の腕のぶつぶつには要注意

  • 投稿日:
  • by

二の腕に出来てしまったブツブツはニキビと間違って認識されることがありますが、でもニキビではない場合が多いです。これは毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)と呼ばれる皮膚疾患の一つであることが多いです。毛孔性苔癬は遺伝的なものが原因といわれることがありますが、でも現在医学ではその発症の原因にはっきりとしていないそうです。つまりまだ出来る原因が分かっていないそうです。そんな原因がはっきりとしない皮膚疾患、毛孔性苔癬ですが症状をみると、ニキビのようにブツブツとしたものが二の腕の外側の部分に出来ます。(二の腕の内側に出来ることは少ないようです)特に思春期の女の子にこのような症状が出るようです。

 

毛孔性苔癬の症状はブツブツとしたニキビのようなものが出来る。そしてその原因ははっきりと分かっていない...のですが、発症の一因として角質が厚くなることにも原因がある、と言われています。腕の角質が厚くなってそれが原因でブツブツと出来るのではないか、という事です。ですから角質を柔らかくしていくことがこの症状を和らげるのではないか、と言われています。 参考:二の腕ぶつぶつ本気で治す!~失敗しない対策法

毛孔性苔癬は、見た目は美しいものではありませんが、でも健康に被害を及ぼすようなものではありません。痒みも感じない事が多く、だから治療を急ぐような皮膚疾患ではないとされています。これが出来てしまったからといって皮膚科に急がなくてもいいのです。先に思春期の女の子にこのような症状が多いと書きましたが、この症状も思春期を過ぎて30代くらいになると自然に治まっていくことが多いのです。ですから無理に角質を削ったりしなくても、時間と共に自然に治っていきます。ですから出来てしまった、といっても治療を焦らないようにしましょう。

 

女性にとって、特に敏感な思春期の女の子たちにとって毛孔性苔癬は、自然に治るものとはいってもやはり不愉快なものです。もし広範囲に出来てしまったりしたときには皮膚科を受診するのも治療につながる一つの手ですよ。

背中ニキビも顔と同じケアでいいの?

  • 投稿日:
  • by

顔にニキビが出来てしまう事はよくあることですが、顔以外にもニキビは出来ます。

顔以外でよくできる場所としては背中や首です。顔のニキビケアのための化粧品はよく売られているのでもうたくさんの方がご存知でしょうが、背中や首専用のニキビの薬や化粧品の存在はあまり聞きませんよね。首や背中にニキビが出来てしまったときは顔と同じようにケアしても良いものなのでしょうか!?

 背中にニキビが出来やすい場合、顔に使うニキビ専用の化粧品を使って日々のスキンケアをする必要はありません。というのもそもそも背中のニキビのケアを毎日することはほぼ不可能でしょう。実際にしてみようとも手がその箇所にまで届きません。ですからニキビケアの化粧品を使って日々お手入れすることなんて不可能なのです。でもニキビは繰り返して出来る...。そんな時は洗うものを工夫するのが良いでしょう。もし今ボディーソープを日々使っているのでしたら、そのボディーソープの洗浄力がもしかすると足りていないかも知れません。洗浄力が足りていない場合、皮脂汚れをしっかりと落としていない、という事になりますからニキビができやすい皮膚になっています。角質が厚くなると皮脂も毛穴に溜まりやすくなってしまいます。そんな時は洗浄力が少し強いものを選ぶのが良いでしょう。具体的に、石鹸を使ってしっかりと洗うのが良いでしょう。石鹸にも色々種類があるので、それを楽しみに選ぶのも良いものですよ。

 何度も繰り返してしまう背中のニキビにはやはり、皮膚科の診断を仰ぐのが良いでしょう。皮膚科では具体的なニキビの原因を探ることが出来ますし、軟膏などの薬を処方してもらうことも可能です。軟膏以外にも飲み薬を処方してもらえることもあります。何かと生活スタイルを考えた対策法を出してもらえます。

 ニキビができやすい食生活を変える努力も時には必要です。脂肪と糖分を抑えた食生活をすることで背中のニキビはおろか、全身のニキビの対策にもなります。外的要因ばかり考えるのではなく、内的要因を考える事もとても大切です。

ニキビは顔以外にも出来る

  • 投稿日:
  • by

ニキビは顔以外にももちろんできます。

顔以外でよくできてしまう場所を挙げると、背中、首などではないでしょうか。そう思うとニキビは上半身にできやすいようですね。ニキビはニキビ菌が皮脂などに繁殖して出来ます。ニキビ菌は皮膚の上ならどこにでも発生し得る菌ですが、皮脂が良く出る場所が上半身に集中しているのでニキビができるのは主に上半身なのです。

 

ニキビは健康上それほど深刻な被害をもたらすものではありませんが、でも出来てしまうと跡として長時間皮膚に残ってしまうこともあるのであまり歓迎できるものではありませんよね。でももちろんすべてのニキビの跡が残るわけではありません。ニキビの跡として残りやすいものは赤ニキビや黒ニキビなどの炎症を伴ったニキビの場合が多いようです。ニキビの跡となってしまうと、色素沈着として赤みを帯びたシミのようになってしまったり、ひどい場合は皮膚がクレーターのようにボコボコとした状態になってしまうことも。それを防ぐにはニキビを作らないようにするしかありません。

 

ニキビを作らないようにするために大切な事は、まず健康的な生活を心がけることです。規則正しい毎日になるように心がけましょう。食事は栄養バランスが良いものを取るようにしましょう。特にビタミンが不足しないようにしてください。ビタミンCやビタミンAは特に大切な栄養素です。また肌に良いビタミンとしてビタミンDも適量取るようにしましょう。ビタミンEというとどのような食べ物に多く入っているか想像するのが難しいかもしれませんが、ナッツ等に多く含まれます。ビタミンEは美肌のビタミンとして、皮膚科から処方されることも良くあります。綺麗な肌を保つために積極的に取りたいビタミンです。

 

また肌を清潔に保つようにしましょう。洗顔を大切にして下さい!

顔に街にもニキビができやすい方には洗顔だけでなく、体も綺麗に念入りに洗うようにしましょう。

ニキビはそれほどやっかいな皮膚疾患ではありません。防ごうと思えば防げるものなのです。大切なのは毎日の心がけなのです!

 

肌のためによくないものを削除

  • 投稿日:
  • by

いくら美しい顔をしていても、いくら誰からも振り返られるような羨ましいスタイルをしていたとしても、そこに健康美と肌の美しさが無ければ魅力もなくなってしまいます。誰もが憧れるような人になりたいのなら絶対健康的になっていないとだめですし、肌も美しい方が良いはずです。それにはどうすればいいのでしょうか? 

まずできる事から始めましょう。食生活が悪い人は、野菜中心の食生活を心がける事が大切です。別にスーパーフードなど特別なものを食べなくても良い。昔ながらの日本食のような野菜中心で油が少ない食事を心がけると良いでしょう。ダイエットのためなどに野菜をたくさん食べる際、生野菜ばかり食べていませんか?サラダは確かに手軽に野菜が取れるので良いのですが、でも生野菜ばかり食べていると・・・野菜を食べたつもりでもそれほど取れていないかもしれません。というのも生で野菜を食べるよりも温野菜、煮物などで野菜を取った方が量がたくさん取れます。サラダばかりを食べていても野菜をたくさん食べた、という事にはつながらないのでここに注意が必要です。

肌荒れの原因として便秘が挙げられますが、この便秘解消にも温野菜をたくさん取った方が、より食物繊維がたくさん取れるのでお勧めです。調理方法をサラダだけに偏らないようにしましょう。

 

化粧品をたくさん使わなくても肌って綺麗になります。

化粧水をたっぷり使わなくても、クリームをたっぷり使わなくても肌には肌本来の美しくなろうとする力があります。それを損なわないようにしましょう。化粧品にばかり頼っているとその肌本来の力は弱まってしまいますよ。化粧品はたくさん使う必要はありません。でも一つだけ頼りたい化粧品があって、それは美容液です。女も25歳を過ぎたら肌の力が落ちてくるものです。それを補う意味で、美容液だけは良いものを毎日使った方が良いでしょう。それ以外はそれほど良いものを使わなくても大丈夫です。

 

自分の肌が何を欲しているかとしっかりと分かれば肌って自ら綺麗になっていくものです。健康と美と。大切なのは何をいつ与えるかという事です。つまり何でも高いものを肌に塗ればいいという訳ではないです。

http://xn--n8jubya8271ayjd173ctsaj65kcmza.com/pain.html

健康的な美肌作り~身体の中から

  • 投稿日:
  • by

体の内側が健康的なら肌も美しくあるものなのかもしれません。

それは健康であることと密接につながっていて、肌が美しい人は必ずといっていいほど健康に気を使っています。健康に気を使うという事が美肌に繋がり、肌が美しくなるとそれが自信へと繋がっていく...。良い精神状態のスパイラルですよね。このような良いスパイラルを作るにはまず健康第一です!

 

体の中から美しくなる、という事は食べ物に気を使う事、質の良い睡眠をとる事、そしてストレスを溜め過ぎないことです。食べ物に気を使っている方はたくさんいらっしゃいます。野菜を多く取ることでビタミンと食物繊維を摂取し、海藻を食べてミネラル分を補給する。毎日食べるものがその人の体を作っているという事を人は強く認識しています。だからこそ、これほど世の中にヘルシーフードが溢れいているのですよね。ここでは食生活についてではなく睡眠についてみてみましょう。

 

良質な睡眠をとる事は食生活に気を付ける事と同じくらい大事な事です。日本人は平均して睡眠時間が短い民族ですが、これが美肌の邪魔をしていると言えるでしょう。一日3食の食事が、例えば一日だけおざなりになったとしてもそれが肌荒れの酷い原因となることはあまりない。ですが、丸一日寝なかったとしたら...、肌荒れはすぐに起こりますし、目の下にはクマが出来てしまいます。それだけでなく、日常生活にも支障をきたしてしまうでしょう。そう思うと、睡眠はある意味食事よりも大切なのかもしれません・・・。(まぁ、そんなことを両天秤にかけるべきではなく、両方ともに大切にしなければいけない事です)

 

良質な睡眠をとるためには、現代人はまず寝る前のスマートフォンやパソコンを使うのを止めましょう。これだけで睡眠の質が変わります。良い睡眠には深く眠る事が大切で、スマフォなどの画面からでる光は良い睡眠を邪魔してしまう事が研究で分かっています。良い睡眠をとるためにはスマフォなどを寝る前に使うのを止めましょう。

 

美肌を意識している方、食生活だけでは不十分です。睡眠にも目を向けてみましょう!!

 

美肌の秘訣~毎日のお肌ケア

  • 投稿日:
  • by

肌のケア。特に夏場は本気で肌のケアをしないと肌が乾燥してしまいます。夏場の肌は思っているよりも水分が蒸発しやすいのです。水分が抜けてしまうと、それを補わない限りは肌がどんどんと乾燥していきます。またこの時期によく使うエアコンや扇風機も肌の乾燥の元になります。冬に比べて湿気の多い夏ですが、でも肌が乾燥する原因はたくさんあるのです。気を付けたいものですね。

 

肌の乾燥は様々な肌トラブルの原因になります。ある研究者によると肌の乾燥がアレルギー体質をもたらす、という説も発表したそうです。つまり肌が乾燥している部分からアレルゲンが肌に侵入して、そこからアレルギー反応が起こってしまう...という説です。これにはまだ信ぴょう性が疑われるところですが、でも肌の乾燥が原因で肌トラブルを起こしてしまう、という事はもう良く知られています。

 

肌を乾燥させないように、と汗をたくさんかいてもシャワーで流さなかったら...こちらも肌のトラブルの原因になりますので、肌の乾燥を防ぐために、とシャワーを浴びないとこちらも肌トラブルの元。シャワーの回数は制限する必要はありませんが、でもシャワーの際に体をボディーシャンプーでたくさん洗いすぎるのは逆に肌トラ物の元になります。何でもほどほどに。

 

肌を乾燥させないようにするためには、毎日の保湿ケアが大切になります。保湿をしっかりとしておくと肌トラブルって減っていくものです。肌トラブルを起こさないための保湿とは、水分と油分もしっかりと保湿することです。夏場は水分の保湿は良くされますが、油分の保湿を忘れがちです。これに気を付けましょう。油分と水分と両方の保湿があってからこそ、しっかりとした肌ケアが出来るのです!